アップルを標的にしたマルウェアの犯人を逮捕

アップ製品を標的にしたマルウェア『WireLurker』の製作者と思われる人物が逮捕されました。
当初から中国のユーザーをターゲットにしていたため、世界的にはあまり心配されていませんでした。

アップルに対して新たなる脅威

今回逮捕された犯人も中国人で、3人ともに違法な利益を得るために共謀したようです。
今回は北京の公安当局が逮捕し、既に関連サイトもシャットダウンされているそうです。

やはり中国政府が関与しないマルウェアの配布は、許せないということでしょうか・・・。

[ソース:weibo]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です