iPhone6はiPhone6 Plusの3倍売れた

iPhone6とiPhone6 Plusの販売実践を調査した結果、iPhone6はiPhone6 Plusの3倍売れたそうです。
iPhone6は全体の売上高の68%、iPhone6 Plusは23~24%だったようです。

また最初の4週間で販売したiPhoneのうち91%が新型のiphoneだったそうです。
昨年のiphone5cとiPhone5sの場合は、84%だったのでかなり良好な結果となりました。

さらに販売したiPhoneの平均容量を調査した結果、昨年の2倍の48GBとなったそうです。

 

結果的に3倍iphone6が売れたそうですが、当初のiPhone6 Plusの供給量が少なかったためではないかと思われます。
当初のiPhone6とiPhone6 Plusの供給比が7:3だったひとを考えると3倍売れて当然のような気がします。

アップル 再度iPhone6の供給を調整

iPhone6 Plusを購入できなかった人が、結局iPhone6に流れたのかもしれません。

 

[ソース:appleinsider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です