スマホ 転売目的で購入し詐欺で逮捕

スマートフォンを転売目的なのに騙して購入したとして、無職の佐瀬佳行容疑者(45歳)が逮捕されました。
今回特に悪質なのは、貸金業者を装ったサイトを開設し融資を申し込んできた女性にiPhoneなど7台を契約させたようです。
これを都内の私書箱に送ってもらい、中古買取業者に転売することで利益を上げていたようです。

昨年10月から今年7月まで全国から3600台以上が届いており、転売益は2億円近くにのぼるそうです。

以前流行ったクレジットカードの現金化の新手版のようですが、この方法の凄いところは容疑者はほぼリスク0であるということです。
名義人は融資申込者のため基本料金を払う必要もなく、かならず転売価格よりも低い価格で買取するようにし、しかも融資なので最終的には返済されます。

ということで、スマホ取得のためのコストはほぼ0で、転売価格がそのまま利益になるという手法です。

[ソース:WSJ]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です