サムスン Galaxy S6に新型メモリを搭載か?

サムスンは次世代メモリ規格であるUSFに順守したフラッシュメモリを次期旗艦端末に搭載するようです。
予想ではGalaxy S6に搭載するようです。
このメモリを搭載することで、高速化と低電力化を同時に達成できるようになります。

既に東芝などがサンプル出荷を開始していますが、このメモリを搭載すると各種アプリの起動時間の高速化、カメラの高速連写化、大容量コンテンツの保存時間の短縮など様々な恩恵が得られることになります。

ただしXiaomiもこのメモリの搭載を検討しているので、あまり差別化にならないかもしれません。
Xiaomiもこのメモリを採用すると、確実にコストアップになるので従来の戦略を維持することができない可能性もあります。

 

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です