ZenFone 5を触ってみた

かなり前評判の高いASUSのZenFone 5がビックカメラ池袋店に展示されていました。
価格は30,000円前後となかなかリーズナブルなスマホですが、Qualcomm Snapdragon400を搭載しています。
注目の対応周波数ですが、
W-CDMA 800/850/900/1900/2100
GSM 850/900/1800/1900
LTE 800/900/1800/2100/2600
です。

LTEではドコモで3つのBand、ソフトバンクで2つのBandに対応しています。
ディプレイは5インチで1280×720、バッテリーは2,110mAhとなっています。

実際の触った感じですが、背面のパネルはHTC One M8に少し触った感触が似ていました。
動作もそれなりにキビキビとしていおり、特に1,2個のアプリの動作でき問題ありません。
独自のUIを搭載していましたが、それなり凝った作りでした。
ただ通常使用しているUIと異なるので、なれるには時間が必要かもしれません。

ただしバッテリー容量が小さいので、待受時間が395時間と少し短いのが気になります。
その影響か、既に展示されていた端末もバッテリーがギリギリの状態で、それほどいじることができませんでした。

触った感触だと特に問題ないレベルに達しており、サポートも受けられること、価格もリーズナブルなこと、購入も容易なことからNexusよりも人気がでる可能性はあります。
ただハイエンド端末と比較するとやはり劣る部分があるので、そこが問題になりかもしれません。
hb1LVkvYfR3sYe1F_setting_fff_1_90_end_500qrZS8lwKyS4oCDGL_setting_fff_1_90_end_500