アップル スマホ市場の利益を独り占め

主要なスマートフォンメーカーの決算が出そろいましたが、どうやらアップルがスマホ市場の利益の86%を確保したようです。(; ̄Д ̄)
もちろんiPhoneシリーズの順調な販売も影響していますが、主な要因はサムスンの失速と思われます。
ここ数年のスマホ市場の利益率のシェアを見てみたいと思います。

当然のことですが、iPhoneの販売が反映されるQ4に利益が増大していることが分かります。
(本来アップルの年度末決算は9月なのですが、比較上Q1を1~3月としてます。)

例年のパターンだとQ4をピークに減少をたどるのですが、今回は急反発したことになります。

image

 

一方の営業利益でみると、実はサムスンの方が安定して成長していることがわかります。
3位以下のメーカーはどんどん営業利益が減少しており、ほぼ0に近いことが分かります。

image

こうしてみるとアップルの強さが際立ちますが、あまりにも四半期ごとの利益の増減が大きいの気になります。
またジョブズ氏がなくなって以降、その傾向が強まっておりさらに利益の増加スピードも鈍化していることが分かります。

[ソース:appleinsider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です