ドコモ U25応援計画サイトオープン

ドコモは25歳以下の契約者を応援するU25応援計画のサイトをオープンしました。
このサイトは主に25歳以下の契約者に対するキャンペーンやプレゼントなどを紹介するサイトのようです。

残念ながら26歳以上にはまったく関係ないサイトです・・・。(T_T)

title

[ソース:docomo]

Pocket

4 thoughts on “ドコモ U25応援計画サイトオープン

  1. MNOの横並びの施策ですが、スマートフォン世代に対してはこれでは足りないのではないかと思います。
    MNOのフルスペックの通信サービスの対価を払うのが難しいような人の場合、料金はMNO間の比較ではなくMVNOとの比較になると思うからです。

    親にお金を出させてシェアグループに入れさせるのを狙うなら、基本料金無料でパケットが付いてくるぐらいじゃないと加入者獲得競争に打ち勝つのは難しいのではないかと思います。

    値引きは最小限でお金がある人に出させる方向でいくなら、孫に贈るプレゼントはランドセルだけじゃなくてスマホもというようなプロモーションの方がいいのではないでしょうか(笑

    • 最近のU25向け施策はどれも金太郎アメのように同じ過ぎてダメです。
      シェアグループは明らかに親のサイフ狙いの施策ですが、さすがに成人した人にそれは・・・。(; ̄Д ̄)
      昔はキャリアメール、iモードなどそのキャリアを使用する価値がありましたが、キャリアにこだわらなくても良くなってきました。
      GmailやLine、ネットワークも3社ほぼ互角。
      必然的に料金競争になるでしょう。
      個人的には、ドコモのdビデオはauのビデオパスに優っていると思います。
      それはdビデオがマルチキャリア対応だからですが、今後はこのようなサービス争いになるでしょう。
      でも動画サービスをキャリアが行う必要があるのか?という疑問は残りますが。

  2. 携帯電話キャリアが映像配信サービスをするのはケーブルテレビ会社がインターネット接続サービスをするのの逆なだけだと思います(笑

    dビデオはキャリア提供サービスの中では使わせる気があると思えるサービスですね。
    移動中の暇つぶしなんかで使うものなのだと思いますが、それにしてもこのぐらいの動画本数は必要でしょう。

    動画サービスだけでも無料のYoutubeや同価格帯のニコニコ動画がライバルにいるのでかなりの質を求められてしまうと思います。

    セット割が解禁になったわけですが、NTT東西が放送再配信のフレッツテレビをサービスしているので、いっそホームゲートウェイにVPNサーバー機能を付けてnasneのようなものを付けられるようにして、ドコモのスマホからいつでも家にいるのと同じようにテレビを見られるようにするところまで踏み込んだらおもしろいような…。

    • ケーブルTV会社もネットワークサービスを使おうとすると、高額な料金を請求されてしまいます。
      結局ネットは別に契約した方が安くて安定した環境なのですが。
      dビデオなどのコンテンツは、ドコモ以外も使用可能で端末もほぼどれでもOKなのはいいです。
      たパケット量の上限をもっと引き上げて、料金も安くするともっと使用率があがると思います。
      結局現在は家でダウンロードして、外で見るという使い方をしていますが、できればその場で選んで見たいと思います。

      私も全てのネットワークも統合して使えれば非常にいいと思うのですが・・・。
      家にホームサーバーおいて外からもアクセス可能とすれば利便性が格段に上がります。
      クラウドサービスを利用してもいいかと思いますが、その場合はきっと法律面で色々問題になるのでしょう。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です