2014年Q2ドコモ決算発表を切る その2

前回はドコモの契約関係の決算をみました。

2014年Q2ドコモ決算発表を切る その1

今回はドコモの今後の成長分野であるdマーケットを見て行きたいと思います。
Q1で新料金プランに力を入れていたために失速しましたが、今季は復活しました。

image

ただし詳細に見てみると、あまり楽観視できません。
dビデオ、dヒッツ、dアニメともに成長は止まっています。
今季増加したのは、dマガジンの影響が大きいでしょう。

dマガジンは週間/月刊誌が読めるので継続的に伸びる可能性があります。
dキッズも伸びていますが、勢いはそれほどありません。
image

ただしdマーケットの1人あたりの利用料は増えています。
契約数が増えていないのに利用料が増えているのは、無料期間を過ぎた人がそのまま契約しているからでしょうか?

image

dマーケットもあまり成長が見込めないような気がしますが、そのほかのdシリーズに触れていないが気になります。
決算書を確認したのですが、一切記述がないのでどうなっているか不明です。
dトラベルやdfashion、dブック、dゲームなどどうなっているか気になります。

Pocket

One thought on “2014年Q2ドコモ決算発表を切る その2

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です