iPad mini3 分解される

アップルのiPad mini3が発売されましたが、大きな変更点としてはiTouchIDを搭載したことでしょう。
毎回iFixitは修理度の困難さを10段階で表示しますが、iPad Mini3は2/10でした。
かなり困難なことが分かります。

この理由として3つ上げています。

1.接着剤を多用している。

フロントガラス、バッテリー、フロントカメラ、バックカメラ、ケーブルなど多岐にわたって使用されています。
これは修復をかなり難しくしています。

2.半田付けされた部分がある

Lightningbコネクターがボードに半田付けされている。

3.ホームボタンを取り外すのが難しい

パネルの破損などでパネルを交換したときに、ホームボタンを新しいパネルに移す必要があります。
もちろんiToudhIDの機能がいらないならば、ホームボタンを移す必要はありません。
ただし移す場合はかなり困難な作業を伴います。

gZV4JgLwfxq2DGssOYjoojOF6duyDDEK
wBfFVw1i3N6VZoJ1OaqPYROb6isFW4oP
EXTGDGAEfHtXY22jcGGGbYRSiI2qWXeT

 

[ソース:iFixit]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です