スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェアラブル機器所有者の感想

2014年11月5日

スマホメーカーはスマホの機能があらかた出尽くしたので、ウェアラブル機器に活路を見出そうとしているようです。
特にスマートウォッチ関連が目立ちますが、実際どうなのか?という調査がイギリスで行われました。

スマートウォッチはウェアラブル市場のわずか11%のみ
以外なことに、スマートウォッチはウェアラブル機器市場のわずか11%程度を占めるのみとなっています。
一番多いのは、ヘルス系が一番シェアが多いです。
これは日常的に健康管理に使用している人に取って、ウェアラブル機器は容易に受け入れられやすいからでしょう。

image

購入者の関心は価格
購入者が一番気にしているのは、機能などではなく価格だそうです。
実に購入者の28%が価格を重視しています。

 

期待する機能はテレビ操作
なんとウェアラブル機器に期待する動作として、38%がTVの操作、34%がサウンド・システムの操作を望んでいます。(; ̄Д ̄)
リモコンのかわりを期待しているようです。

 

調査の結果は、企業もユーザーもまだウェアラブル機器をどのように使えばいいのか模索状態が続いているようです。
その中でも健康管理などについては比較的導入が容易なのでしょう。

[ソース:guardian]