Foxconnの野望

現在アップルの製品の主要な組み立てを行っているFoxconnですが、さらにアップルの部品供給という立場を狙っているようです。
現在、中国地方でiPhoneなどのハイエンドモデル向けのディスプレイを製造するための工場の投資を検討しているそうです。
Foxconnは現在iPhoneのうち比較的利益率の低い金属筐体やケーブルの製造にとどまっています。

現在ハイエンド系のディスプレイは、LG電子、サムスン、シャープ、ジャパンディスプレイなどがシェアを支配しています。

[ソース:9to5mac]

Pocket

2 thoughts on “Foxconnの野望

  1. アップルの利益に適うと判断されればできるのでしょうが、どうなのでしょう。

    Foxconnは既にシャープの関連会社である堺ディスプレイプロダクトに投資しています。
    その流れでアップルがしている液晶メーカーへの投資をFoxconnが肩代わりするというのは一見アップルの利益に適うように見えて、その見返りに供給割り当ての拡大を要求するであろうことが、部品調達をマルチソースでしたいアップルの思惑に反してしまいそうです。

    もしそういうことが実際に起こるとしたら、アップルがディスプレイ技術の進歩よりも価格の安さをとったということになりますので、ディスプレイが発展が見込めないつまらないものになったか、アップルがつまらない会社になったかのどちらかなのだと思います。

    iPhoneのディスプレイは実効性があるかどうかは別として、いろいろ珍しい技術が採用されていますよね。

    • こんにちは。
      数年前まではアップルのサプライヤーはアップルに集中していました。
      ところが最近はアップルへの一極集中を避ける傾向にあるようです。
      Foxconnもアップルの組み立て工場から抜け出したいようですが、あまりにもアップルの影響が大きくなかなかそう行かないようです。
      恐らくFoxconnとしては、自立のための作戦だと思われますがアップルがそれを許すかどうか・・・。
      ただFoxconnとしても現状がいいとは思っていないでしょう。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です