iPhone6には最高のケースで保護

やっと手に入れたiPhone6に傷がつくと大変悲しくなります。
そんな大切なiPhoneを保護するためにケースは必須です。(⌒-⌒)

そこで今回は日本が世界に誇るiPhone6の保護ケースを紹介したいと思います。

 

The Edge
ネジのいらないジュラルミン製のバンパー。
装着時は各バンパーを差し込むだけ、外すときはボールペンの先か専用工具を穴に差し込むだけ。
さらにジョイントの樹脂部分が電波の逃がし穴になっているため、電波障害を軽減。
重量も15gと軽量を実現。
価格も25,000円とお求めやすくなっています。
e-g1e-g3
e-g2e-g4

The Dimple
これもネジなしのバンパー構造ですが、素材が超々ジュラルミン製。
取り外しは付属のリムーバーや手でも可能。
接合部分が電波の逃がし穴になるように設計しているため、電波障害も軽減。
重量もわずか17.5gと超軽量。
これだけの機能にもかかわらず、価格はたった50,000円
d-g1d-g2
d-g5-600x400d-g4

 

The Slit
こちらも超々ジュラルミン製で、カバー形式でiPhone6をしっかり保護します。
当然ネジなしで、軽量化を実現しています。
重量も32gとカバーの中では比較的軽量。
価格も150,000円とお求めやすい?価格となっています。
20141012_slit_01-600x40020141012_slit_02-600x400
20141012_slit_03-600x40020141012_slit_04-600x400
20141012_slit_05-600x400

日本が世界に誇る手作りのケースを紹介しました。
アマゾンでも楽天でも販売しています。(⌒-⌒)
興味がある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?
しかし一度は手にとって触ってみたいですね。

[ソース:squair]

Pocket

4 thoughts on “iPhone6には最高のケースで保護

  1. 金銀のiPhoneの質感を損なわないためにはこのぐらいのものが必要になってしまいますね。
    100円ショップのケースに入れてしまうと5sも5c相当に・・・。

    わたしがiPhoneを日常的に使うなら見た目はこの際無視でOtterBox Armorを使うと思います。

    • 本体にこだわる人とケースにこだわる人、まったくこだわりのない人の3種類にわかれるようです。
      海外ではスマホ本体にダイヤを埋めたりするサービスが多いようですが、日本はケースに凝る見たいです。

      ちなみに私は特になにも気にしていないので、ケースなしです。(⌒-⌒)

  2. わたしも実際のところはiPhoneのようなおしゃれな端末は使っていないので、画面の保護フィルムだけは欠かさないようにしていますが、ケースにはこだわっていません。

    今は外観の要求ではないところから、Z Ultraにバッテリーがほしくてバッテリー内蔵ケースをつけていたり、isaiにQiのアダプタをつけてみたくて、押えておくためのケースをつけたりでつけてしまっています。

    • iPhoneを使っている人はかわいいケースを使用している人が多いようです。
      ケースにうさぎの耳が付いていたりするのは驚くましたが・・・。
      Androidはあまりケースにこだわっている人はいないように見えます。
      個性という面ではAndroidの方が多くの種類があるからでしょうか?

      ちなみにディスプレイにヒビが入っている人の大部分はiPhoneでした。
      保護フィルム貼っていてわれるのか?

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です