スポンサーリンク

スポンサーリンク

中国スマホメーカーのお粗末な対応

2014年11月5日

中国の新興メーカーである锤子科技が10月初めに予約販売を開始したSmartisan T1の予約数でねつ造が発覚しました。
Alibabaで予約販売を受け付けていましたが、1週目の販売台数が62,000台、2週目も同じようなペースで販売しているようでした。
スクリーンショットをみると分かりますが、3日間で30,000台販売したことになっています。

2週目の販売台数がおかしいと感じて検証した結果、2週目の販売台数のデータは1週目の販売台数に3を掛けてたものであることが判明しました。(; ̄Д ̄)

この指摘に対して锤子科技は公式に謝罪しました。
原因はプログラムミスで、2週目の販売台数のデータが削除されたため、3倍することで対応したそうです。

Alibabaは統計データには意味がなく、売上には影響がないとコメントしています。
ただ統計データが勝手に改善できるならば、何を信じればいいのか分からないというコメントもでています。

BN-EY951_091_G_20141013023959

 

[ソース:WSJ]