Apple Payに参加する企業/参加しない企業

いよいよアメリカでApple Payのサービスが開始されます。
かなり注目されており、銀行もセキュリティ強化のため推奨しています。
現在参加を表明している企業は以下のような企業です。

image

多くの企業がよろこんで参加しているように見えますが、実はそうでもないようです。
例えばBest BuyやH&M、Kマートなどは参加しないことを表明しています。
今後状況が変われば参加するかもしれませんが、ハードの整備等のコストを考えるとそんなに気軽には参加できないのでしょう。

[ソース:9to5mac]

Pocket

4 thoughts on “Apple Payに参加する企業/参加しない企業

  1. 参加不参加が分かれた理由は消極的な理由ではなく、むしろ積極的な理由だそうです。

    ベースになる背景に、アメリカで2015年10月1日以降に偽造クレジットカードの使用による損害の責任分担が見直され、小売店がEMVチップ対応クレジットカードに対応していない場合、カード発行会社が責任を負わなくなるということがあるのだそうです。

    このためEMV対応のための決済インフラの更新が必要、というのがApple Payへの参加企業が多く集まった理由で、NFCへの対応も同時にされるので、決済プラットフォームの主導権争いの真っ最中なのだとか。

    WallmartやBest Buyは小売店主導のMCXを組織し、CurrentCというスマホアプリの決済プラットフォームを既に構築しているので、Apple Payとは競合関係になります。

    NFCベースのプラットフォームは他にGoogle Wallet、ISIS Mobile Walletがあり、NFC以外でもクレジットカード会社が非接触ICカードを作ったり、小売店舗がスマホにアタッチメントをつけたクレジットカードリーダーを使うことで従来型クレジットカード決済の裾野が広がっていたり、小売店独自の自社会員システムのスマホアプリにクレジットカード決済機能を組み込んでしまったりと、アメリカではどれが主流になるかわからない混沌とした状態なのだそうです。

    アメリカではまだ日本のように相互乗り入れで何でも使えるようにするような動きはなく、日本よりも争う意欲が高いそうです。
    切り替え期限がが来年ですから、そこから本格的に主導権争いが続くのでしょう。

    わたし自身は還元率が比較的高く、現金で還元されるクレジットカードの決済を中心にして、プリペイド決済はSuicaなど必要最小限にし、スマホ内蔵のFelicaは使わないことにしています。

    決済時期に融通が利いて現金還元があり用途が幅広いクレジットカードを前にすると、プリペイドである上に利用先によって複数種類を使い分けなければいけないプリペイドの決済手段はメリットも少なく、煩雑すぎると思うからです。

    ちなみになんでも磁気ストライプ型のクレジットカードで決済しようとがんばることのデメリットは、クレジットカードにリーダーに通された際に筋のような跡がついてカードが汚くなることです(T_T

    • こんにちは。
      2015年に強化されるのですね。
      以前からなぜ偽造クレジット対策にICチップを使用しないか疑問に思っていましたが、ようやく強化するのですか。
      確かにカード会社が払ってくるから、使う側は勝手に使われて損失被ってもあまり気にしませんね。(⌒-⌒)
      Apple Payはアップルの発表イベントで半分眠りながら聞いていたので、未だにどういうシステムかよく理解していません。
      とりあえず番号等は一切店に流れないから大丈夫!!(^^ 見たいなのりだったと思います。

      ちなみに私も電子マネーはsuicaとiDのみですが、iDはほとんど使用していません。
      suicaは電車に乗るためにやはり手放せません。
      iDなどは機種変更するときに手間なのが・・・。
      プリペイドでau WALLETを使用しましたが、いくら入っているのかわからん!!
      で残高不足でレジ前で痛い視線を浴びたのでもう懲りごりです。(–;

      • Apple Payが個人情報を収集しないことを売りにしてきた(簡素なシステムを提案してきた)というのは、Appleが決済システムの争いへの参入で後発になったことと、ダービン修正によってデビットカードの決済手数料が法的に制限され、銀行が口座維持手数料を上げる対応をとるほどの打撃を受けた、という状況を加味すると理解しやすい感じがします。

        情報流出の事故のニュースが絶えないですから、原理的にそういうことがないというのを信じてもらえたら、それはそれで売りになると思います。

        • そうですね。
          アップルの発表会でも個人情報を一切店に渡さないということが売りとしてアピールしていました。
          手数料も銀行が払う?との噂なのでApple Payの装置さえ入れれば店として万々歳ということをアピールしたいのでしょう。
          でも導入が容易なのは、Coineyなどのほうが数段優れていると思います。
          何れにしろカード決済系の競争は激化すること間違いなしです。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です