総務省 通信関係のルール見直しに伴う意見募集中

今年のはじめから実施されていた携帯及び通信関係に関するルールの見直しに伴う検討会議で、中間報告案が公表されました。
その内容については、下記を参考にしてください。

総務省 料金引き下げのための制度見直しを決定 その1

総務省 料金引き下げのための制度見直しを決定 その2

総務省 料金引き下げのための制度見直しを決定 その3

現在この中間報告に対する意見を募集中です。
期間は2014年10月10日から2014年11月10日までとなっています。
この意見で大きく中間報告内容が変わることはほとんどありません。
また今回の中間報告は結局現状維持の状況になる可能性が高いのであまり影響はないでしょう。

個人的に気になるのは、オプション関係もクーリングオフ対象に含まれたことです。
さらにクーリングオフを実施した場合は、サービス利用に伴う対価を求めることができることです。

そういえばソフトバンクが絶賛開催中の6ヶ月縛りの解約金は、クーリングオフの簡単から考えると問題になるかもしれません。
対価としては高いし、実質クーリングオフを妨げる行為になるので。

実際の適用でどのように対処してくるか楽しみです。(⌒-⌒)

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です