総務省 料金引き下げのための制度見直しを決定 その1

総務省は高止まりしている携帯電話の料金引き下げのための制度見直しを決定しました。
今回の決定ではとりあえず5つのことを実施します。

1.SIMロック解除の義務付け
2.ドコモの異種業種との提携
3.寡占防止のためのM&Aの事前審査
4.クーリングオフの導入。ただし端末の返却は不可。
5.第4世代携帯からの低料金プランの義務付け

一方見送りが決まったのは、
1.2年縛り
2.キャッシュバック
3.格安スマホへの通話料金値下げ
4.第4の携帯電話会社の参入

でした。
全体的にあまり効果がない案になったと思います。

Pocket

4 thoughts on “総務省 料金引き下げのための制度見直しを決定 その1

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です