アメリカ 2014年6-8月のシェア調査結果

アメリカの調査会社Comscoreによる6-8月のアメリカのスマートフォンの動向を発表しました。
まず目立つのがサムスンのシェアが増加していることです。
これは新製品の発売の影響があると推測されます。
image

次はプラットフォーム別のシェアです。
アップルのiOSとGoogleのAndroidの2強体制が盤石なことが分かります。

image

次はトップ15のアプリです。
ユーザーが減少しているFacebookですが、それでも72.4%と盤石です。
また前回の調査結果から急増したアプリとして、10位から6位にランクアップしたFacebook Messengerがあります。
デフォルトのメッセンジャからFacebook Messengerに乗り換えたユーザーが多いようです。
image

[ソース:comscore]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です