Galaxy A5のベンチマークで64bit化確認

サムスンの新しいシリーズであるAシリーズのうち、ミドルレンジをターゲットとしたGalaxy A5のベンチマーク結果がリークされました。
この中でCPUにQualcomm410を使用していることが判明しました。
Qualcommは64bitをサポートしたチップであることから、ミドルレンジでも64bit化が進んでいることがわかります。

既にGalaxy Note4では64bit Exynosを搭載していることが判明しているので、急速に64bit化を進めているようです。
ただしGalaxy Note4ではハードウェアは64bit化されましたが、ソフトウェアは32bitのままなのでこの端末も同様の処置になるかもしれません。

Android Lでは64bitをサポートするので、それを睨んだ動きかもしれません。
image

[ソース:gfxbench]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です