2014年9月の総括

2014年9月も終了しました。
9月はiPhoneの発売という一大イベントがあり、全キャリアこれに集中する事態となりました。
今のところソフトバンクとauが互角で、ドコモが遅れているという雰囲気ですが・・・。
ただ年末になるまでどうなるかよくわかりません。

それでは9月の各週の動きを見てみたいと思います。

 

第一週目
なぜか突然iPhone5sの買取価格の急落から始まりました。

海外ではハリウッド女優などの有名人のiCloudがハッキングされ、プライベート写真が大量に流出するという事態になりました。

ドコモ
新料金プランが順調のように見えるドコモですが、今月から新料金プランのみとなります。
従ってその契約数の増加がそのまま契約数となります。
他社がiPhone5sの投げ売りを開始したなかで、ドコモだけは機種変更の月々サポートを増額するのみにとどまりました。

au
いよいよiPhone6の販売開始前に、iPhone5sの投げ売りを開始しました。
そのほかの夏モデルを含む6機種の価格改定を実施し、大幅な値下げに踏み切りました。

ソフトバンク
ようやくiPhone5cの違約金の元である、iPhone5c購入サポートが終了しました。
また急遽ホワイトプランを延長しましたが、iPhone6を睨んだ動くでしょう。
さらにauに続いてiPhone5sの価格を改定を実施しました。
これで一括0円が登場することになりました。

 

第二週目
iPhone6とiphone6 Plusの予約が開始されましたが、順調に推移しました。
特に1次販売国から中国が外れたために、海外からの争奪戦が行われています。

ドコモ
ドコモは2,3週間に一度は何か実施してくるようになりました。
当然この週も実施してきました。
今回は型落ちのスマホとガラケーのオンラインショップ割追加です。

au
久しぶりに何もない週でした。
恐らく来週発売のiPhoneの価格設定やキャンペーンの戦略を練っていたのでしょう。

ソフトバンク
なiPhone5cとiPhone5sの価格を改定しましたが、なぜかiPhone5sに一括/分割割引の違約金をこっそり設定していました。
ただ混乱もあるようで、違約金の設定をされたりされなかったり、あとで分割払いは違約金対象外にしたりと色々変わっていっています。
iphone5cも月月割も変更すると表明しましたが、やっぱりやめたりと何をしたいのかわからない状態でした。

 

第三週目
いよいよiPhoneの販売が開始されましたが、世界中で中国が買いあさり問題になっていました。
各キャリアも続々とキャンペーンを発表しましたが、一番の目玉は高額の下取りでしょう。
結局各キャリアドコモに追従することになりましたが・・・。

ドコモ
予約開始日に価格を発表できないという大失態を演じてしまいました。
ギリギリまで発表を遅らせるとは思っていましたが、まさか間に合わないとは・・・。
結局端末価格も遅らした割にはイマイチな内容でした。

au
iphone用に発表した内容は、ほぼ変更なくそのまま発売日を迎えました。
しっかりした戦略を持っているように感じられました。
携帯ショップのキャッシュバックは継続中ですが、量販店のキャッシュバックはほぼ0円になりました。
iPhone6に集中したいのでしょう。

ソフトバンク
こちらもauと同様、量販店はキャッシュバックなしでiphone販売に力入れています。
携帯ショップでは、Androidに力を入れておりキャッシュバックも付いていました。

 

第四週目
アップルのiPhoneの曲げ問題、iOS8のバグ問題とiPhoneの発売に水をさした状態になりました。
MNPの案件もキャッシュバックも減少傾向です。
iPhone6とiphone6 Plusでは、ソフトバンクが勝者の様子です。
ドコモは苦戦、auはまあまあのようでした。

ドコモ
月末終了のキャンペーンは、ほぼ全て延長されました。
MNPの案件も枯渇しており、まったく動けない状態になってきました。

au
iphone6とiPhone6 Plusの販売が好調なようです。
2次販売分がまわってくると、iPhone6 Plusも一部のみ在庫切れ状態となりました。
理想的な販売状況のようです。

softbank
iPhoneの販売が絶好調なようです。
一方6ヶ月縛りをAndroid端末のほぼ全てに適用されたようです。
はっきりとホームページでも告知されていませんが、ほぼ間違いないでしょう。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です