Android好きがiPhone6を2週間使用した結果 その1

ようやくiPhone騒動も落ち着いてきましたが、徐々にiPhone6とiPhone6 Plusの評価がでてきました。
ポジティブな評価、ネガテイブな評価色々ありますが、Android好きの人が2週間iPhone6を使用した結果をレビューしていました。
当然アンチアップルと思われましたが、意外にまともな感想だったので紹介したいと思います。

 

電話のデザイン
iPhone6はアップルがリリースした中で最悪の端末です。
アップルの製品はデザインにこだわっており、ハードウェアの設計に影響を及ぼすほどです。
Mac ProやMacBook、iPhone5など優れたデザインでした。
ところがiPhone6は外装が丸みを帯びて、さらにアルミ外装のため非常に滑りやすい。
iPhone5では外装のエッジとその大きさのため非常に良かった。

次にiPhone6は薄くするためだけに、色々なことを犠牲にした。
例えばカメラのでっぱり。
このために外装が傷つきやすくなった。
また高さ方向が長すぎる。
Xperia Z3やGalaxy Alpha、モトXと比較するとどれだけ長いかわかる。
例えば新しいモトXと同じ高さだが、モトXは5.2インチでiPhone6は4.7インチです。

imageimageimage

最後に端末の上下にあるプラスチックのライン。
リーク時にあったが、こんなものアップルが販売するわけがなく、きっとリリースするときにはなくなっていると思っていた。

iphone-6-review

 

カメラ
すばらしい。
言葉で表現すると、多用途に使え一貫性があると言えます。
まず必要な時にはいつもカメラの準備ができている。とにかくめちゃくちゃ早いです。
8MPとAndroidの16MPや20MPには劣るが、はっきり言ってスマホでその画素数はいらなとい思う。
使い方も簡単だか、残念ながら手動モードがない。
ただこれはサードパーティのアプリを使えばいいだけだ。

 

バッテリー寿命
すばらしい。
バッテリーは1,810mAhとモトXの2,300mAhより小さかった。
だけどiPhone6は1日中持つが、モトXは16時間以上は持たない。
 

[ソース:droid-life]

Pocket

One thought on “Android好きがiPhone6を2週間使用した結果 その1

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です