ソニー Xperia Z3とXperia Z3 compactのブートローダロック解除するとカメラ性能劣化

ユーザーに比較的ソニーですが、どうやら方針を転換したようです。
カスタムROMをインストールするにはブートローダーのロックを解除する必要があります。
今までは保証対象外になる程度でしたが、Xperia Z3とXperia Z3 Compactではそれに加えて低照度の時のカメラ性能が劣化するそうです。
これはソニーの画像信号処理がDRMにより保護されているためです。

ブートローダーのロックを解除すると、端末は特定のDRMのセキュリティキーを失ってしまいます。
そのためソニーからコンテンツを購入することができなくなったり、電話機の基本機能に対して悪影響を及ぼします。

なおソニーでは、ブートローダーのロックを解除したときに、ノイズリダクションアルゴリズムが削除されたり、低照度条件での撮影で性能が劣化する可能性があると告知しています。

image

[ソース:sony]

Pocket

2 thoughts on “ソニー Xperia Z3とXperia Z3 compactのブートローダロック解除するとカメラ性能劣化

  1. 特に方向転換でもないと思います。
    Z3以前でもブートローダーアンロックをするとDRMキーが失われ、DLNAのアプリが使用不能になるのに加えて、モバイルBRAVIAエンジンが使用できなくなっていました。

    Z3ではそれにカメラの機能が加わったということですね。
    より状況が悪くなったとは言えると思いますが、既定路線だと思います。

    また、実際には問題にならない話でもあります。
    ブートローダーアンロックをする場合、事前にDRMキーが保存されているTAパーティションをバックアップし、あとでリストアすることでブートローダーをリロックしてDRMキーも元に戻せます。
    ブートローダーをアンロックしない方法でroot化もできていました。

    わたしはよく調べないでアンロックして、保証と機能を失う洗礼を浴びてしまいましたが…(TT

    • こんにちは。icさん。
      DRMの問題はなかなか難しいですね。
      カメラが売りのXperiaなので残念に思っていたのですが、DRMのキーを保存しておけばOKなのです。
      知らないでアンロックしてしまったら、涙涙ですね。(T_T)

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です