中国でのiPhone6とiPhone6 Plusの認証が遅れた理由

今回中国での発売が遅れた理由ですが、どうやら中国政府はアップルのセキュリティに対して懸念を抱いたためのようです。
これに対応するため、アップルはプライバシー設定を非公開にすることで中国政府と合意したようです。

また政府機関によるバックドアを決してインストールしたないことを約束したようです。

何はともあれ、これで中国でのiphone6とiPhone6 Plusの販売が行われるわけですが、今回は相当高額になります。
それなりの台数が売れると思うのですが、もしかすると海外からの輸入品の方が安いという事態になるかもしれません。

[ソース:reuters]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です