スポンサーリンク

スポンサーリンク

Androidスマホ 64bit化加速

2014年11月5日

もうすぐリリースされるAndroid Lでは64bitプロセッサをサポートしています。
そのため2015年Q2にはAndroid端末の主流は64bitCPUになっていると予想されます。
Qualcommも64bit対応の610/614/410の計画を既に発表しています。

一方MediaTekは中国端末メーカー向けに64bitCPUを開発しています。
サムスンは2014年度中に自社向けのスマートフォンに64bitCPUを投入する予定です。

中国のチップベンダーはこれから遅れること2015年上期に64bitCPUを投入する予定です。

スマートフォンでは、64bitCPUの恩恵はあまりないように思えるのですが・・・。
それほど大規模なメモリ空間を必要としないし、大容量のディスクも使用しない。
それでも64bitに移行しようとしているのは、そのほかの理由によるところが大きいのでしょう。

 

[ソース:digitimes]