スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhoneからAndroidへ進める理由

2014年11月5日

毎年iPhoneが発売されると必ず議論されるiPhoneとAndroidのどちらが優れているか?ということですが、今年もやはり色々なところで議論されています。
特に今回のiPhoneはAndroidの真似と言われても仕方なほどのできなので、白熱しているようです。

そこで毎年恒例の何故Androidがいいのかという理由を紹介します。

1.価格
これは最早いう必要もない位ですが、Androidは下は10,000円から上は100,000円までと選り取りみどりです。
現在一番高スペックのGalaxy S5でも550ドル、それに対してiPhone6は639ドルと約90ドルも高いです。

2.個性化
Androidには色々カスタマイズが可能で、さらに色々なランチャーも用意されています。

3.製品の種類が豊富
様々なメーカーから様々な種類の端末が販売されています。
自分の好きなメーカー、見合った価格から様々な選択が可能です。

4.色々なディスプレイサイズ
iPhoneでは、4.7インチか5.5インチのみの選択になります。
Androidでは、4インチの高スペック端末から5インチクラスのGalaxy Noteまで色々なディスプレイサイズを選択可能です。

5.NFCをサポート
iPhone6ではようやくNFCをサポートしましたが、Androidでは既にミドルレンジクラスまでサポートしています。

6.Googleサービス
Googleの様々なサービスを受けることができます。Googleドライブ、ブラウザ、Googleドキュメント、カレンダー、メールなど。

7.アプリ
様々なアプリが常時開発されており、多くの場合iPhoneアプリよりも安価に販売されている。

8.iTunesはいらない
既にiTunesは時代遅れであり、Spotifyのようなストリーミング系のものが主流となっている。
ストリーミング系のサービスも様々あり、さらにそれを再生する音楽プレーヤーも様々なものがある。

9.カスタムROMがある
Androidは様々なカスタムROMが開発されている。

10.root化
root化を行うことで、様々なカスタムROMをインストールすることが可能です。
また既にインストールされているアプリを自由に削除できる。

 

色々な理由がありますが、個人的は1,2,3あたりが重要でしょうか?