スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメリカの乞食は年収1000万円

2014年11月5日

日本では携帯乞食が叩かれていますが、アメリカの本当の乞食はもっと凄いです。
アメリカの乞食の場合は、おもに3つの理由で乞食をやっています。
1.生きていくため
2.怠けるため
3.一種の職業とみなしているため

3がプロの乞食でこの人達は、絶え間なくスキルを磨いています。
例えば身障者や知的障害者を装うなどで稼いでいます。

さらには関連産業として乞食学校もあるそうです。(; ̄Д ̄)
学費は100ドルで6回の講義があります。
4回は理論知識を学び、残りの2回は街頭実習です。

成績優秀な卒業生は、2,000~4,000ドル/月稼ぐそうです。
さらには乞食ツアーを開催して、イタリア、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドを訪れたそうです。
240日間のうち物乞いが141日間だったので、観光は99日間となります。
ちなみに当然文無しでの旅行だったそうです。

なお世界各国には様々な乞食がいるそうで、
プロフェッショナルなFaceBook乞食
イギリスのパートタイム乞食
ドイツの乞食会社
イタリアの週休2日の乞食

日本の携帯乞食はかわいいものですね。(⌒-⌒)

 

[ソース:ifeng]