スポンサーリンク

スポンサーリンク

NanoSimの端末にMicroSimを挿す方法

2014年11月5日

現在のスマートフォンのSIMカードは主にNanoSimとMicroSimの2種類が主流となっています。
MicroSimの端末にNanoSimのSIMカードを挿すにはアダプターを使用します。

ですがNanoSIMの端末にMicroSimのSIMカードを挿すことはできません。

先日auの2段階認証対策として、L01の中古を買ってきました。
4G対応であれば、auのLevel2ロックはかかっていいなのでいちいちauショップに行く必要もありません。(⌒-⌒)
auはシステムの問題で、auIDの登録後に2段階認証が有効になるのは端末購入翌日からとなっています。
ということで、1台auのスマホを持っていれば2日も待つ必要がないということで購入しました。

が、うっかりL01がNanosim端末ということを調べていませんでした・・・。(T_T)
仕方ないので、MicroSimの加工してNanosimに挿すことにしました。

まずMicroSimとNanoSimをじっくりと見てみます。
image

主に2つの加工を施します。
1.左右の幅をNanoSimのサイズに切断する。
2.上下を適切サイズに切断する。

 

1.左右の幅を切断する。
これは非常に簡単で、金属部分ギリギリの所をハサミで切断すればOKです。
これでほぼNanosimの幅になります。
image

 

2.上下を適切なサイズに切断する。
これは少しむずかしいのですが、まず真ん中の・をあわせます。
カードの下辺で合わせると、真ん中の・がずれます。
image

このまま上辺を切断すると上手く認識できなくなります。
ですので、真ん中の・を合わせて、その上辺と下辺を切断します。
気持ち上辺を多めに切断し、下辺で調整する感じで行います。
image

結果このような感じのNanosimができます。
ちょっと斜めになっていますが、これで問題なく認識できました。(⌒-⌒)
初めて実施しましたが、2枚切断して2枚とも認識できたので比較的簡単なようです。
image