iOS8へのアップデートが低調な理由 その3

2014年11月5日

iOS8のリリースが開始されましたが、思うようにアップデートが行われていないことを紹介しています。

iPhone6とiPhone6 Plusの売れ行き動向 その1

iPhone6とiPhone6 Plusの売れ行き動向 その2

色々な理由が考えられ、海外のコミュニティを見て理由を紹介していますが、今回はどの程度低調か紹介したいと思います。

現在iOS8はリリースされて4日間程度経ちましたが、割合は20%を超えた所になります。
これはiOS7、iOS6を圧倒的に下回る状況です。

image

iOS7の場合を見てみたいと思います。
この時の公式リリースは9月19日でしたが、実際は18日から増加していることがわかります。
そして2日後の21日にはiOS6と逆転し、その後緩やかに増加ていることがわかります。
つまり大部分の人がリリース後サッサとアップデートを実施していたことがわかります。

image

一方iOS8は非常に緩やかに増加していることがわかります。
しかもそのスピードは減速しているように見えます。
これはiOS7の時の数日後の傾向に非常によく似ています。
この傾向だと、iOS7のシェアを追い抜くには相当時間がかかりそうです。
image