スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6とiPhone6 Plusのバッテリー容量

2014年11月5日

続々とiPhone6シリーズの分解が行われています。

iPhone6 Plus早速分解される!!

理由は色々で、修理のための知識を得るため、コストを計算するため、趣味などです。
分解しないとわからない情報がありますが、既にいくつか情報が上がってきました。

1.バッテリー容量
これは非常に重要で、どの程度スマホが稼働できるかの鍵となります。
残念ながらアップルは容量を公開していないので、分解して確認する必要があります。

結果、iPhone6は1,810mAh、iPhone6 Plusは2,915mAhでした。
これは事前のリーク情報どおりでした。

2.A8チップの製造元
これも事前の噂どおりTSMCの20nmプロセスでの製造でした。
このチップのおかげで、従来よりも25%速く、グラフィックは最大50%高速になるそうですが今の所ベンチマークではこの性能が確認できていません。

また未だにサムスン製造のA8もあるという噂ですが、その存在もまだ確認されていません。