総務省 スマホ販売のクーリングオフは適用外

2014年11月5日

総務省の作業部会で検討されていた携帯電話と光ネットワークのクーリングオフについて、携帯電話の端末は除外される方向で報告書がまとめられるようです。
もともと携帯電話のクーリングオフは、その特性から各キャリアと販売店から強い反対を受けていました。
作業部会では、それでも適用する方向に中間報告案がまとめられていましたが、総務省が配慮したようです。

建前上は端末契約が自由に解除できるようになれば悪用の可能性もあるとのことで見送るようです。
なお、店舗で契約する通信サービスについては、対象になります。

店舗で加入するコンテンツの即解はクーリングオフなど考えて、しばらく外せない方向になると嫌ですね。

[ソース:sankeibiz]