スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone4sはiOS8へのアップデートは控えるべき

2014年11月5日

いよいよiOS8がリリースされました。

アップル iOS8のリリース開始

一番古いiPhoneとしてiPhone4sをサポートしていますが、どうやらiPhone4sでiOS8にアップデートを実施するのはやめたほうがいいようです。
まずいくつかのアプリケーションでは、圧倒的に起動が遅くなるようです。
iOS7.1.2に対して、1.2倍から2倍近く動作が遅くなるようです。
また起動時に、従来よりも3秒起動時間が伸びるようです。
さらにAirDropなど幾つかの機能は使用できないうえに、動作が停止する場合もあるようです。

当分の間はiPhone4とは、アップデートを控えたほうがいいようです。
screen-shot-2014-09-17-at-16-45-07

[ソース:9to5mac]