スポンサーリンク

スポンサーリンク

時代はdual SIM化の流れ

2014年11月5日

すでに色々な情報でタブレット販売の失速が伝えられています。
PCからのプレッシャーとスマートフォンからのプレッシャーに挟まれて、販売が落ち込んでいるようです。
そのためタブレットを製造しているメーカーは、新興国に売り込もうとdual SIM化の流れを加速しているそうです。
新興国では、スマートフォンもdual SIMが標準装備となっています。
そのためタブレットなどもdual SIM化が必須となっています。

現在WiFi専用のタブレットに3Gモジュールを追加するための費用は、20~30ドル程度かかります。
ただし平均的な7インチタブレットが134ドル程度の価格に対して、dual sim対応版は234ドルとコスト以上の価格が見込めます。
そのためdual SIM対応が増えているようです。

日本もこれ以上通信費が高騰すると、音声用とデータ用の2つのSIM持ちが一般的になるかもしれません。

 

[ソース:digitimes]