スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6の初期出荷数が減少の見込み

あと一週間で発表予定のiPhone6ですが、初期出荷数が当初見込みよりも減少することになりそうです。
当初予定は9月末までに1,600万台との予想でしたが、現在は1,350万台と予想されています。

これはディスプレイパネルとバックライトの接合工程が非常に難しく、なかなか作業工程の速度を上げることができないためだそうです。
iPhone5sの時も初期出荷数が極端に少なく、各店舗で在庫切れが多発しました。
今回はそれよりも多いですが、中国などに供給する分を考えるとそれほど潤沢にあるとは思えません。

実際どうなるかは発表されるまで分かりませんが、まだまだ色々問題は抱えているようです。

 

[ソース:etnews]