スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone5sはどこまで下がるのか その1

2014年12月10日

iPhone6がもうすぐ発表されるので、当然iPhone5sの買取価格は下落すると予想されます。
ただし、iPhone5sの8GBも発表されると予想されるているので、そこそこ市場には出まわると思われます。
従って、iPhone5sは現在のiPhone5cのような位置づけになると予想されます。

肝心の買取価格ですが、iPhone5のときの状況が参考にできるとおもいます。

2014年8月下旬 買取価格 iPhone5編

昨年のiPhone5の動きを見ると、8月中旬から下落しこれが10月はじめまで続きます。
iPhone5sでは3キャリアの取り扱いのため、価格変動も大きくなっています。
ただ大きな傾向は似ているように見えます。
iPhone5と同様の傾向を辿ると推定すると、10月初めてまで下落傾向を示すでしょう。

ただしその後は、8月中旬の価格まで戻しています。
これはiPhone5sの供給不足と、販売価格の上昇による見直しが入ったと思われます。

従ってiPhone5sも10月はじめまでは下落し、40,000円近くまで下落すると予想されます。
そのあと2015年当たりから、再度下落が加速するでしょう。
ただしこれはiPhone5sの投げ売りなどの影響もあるので、iPhone6の投げ売りが起きない場合はここまで急落しないかもしれません。

予想としては、2014年中の最低買取価格は40,000円、2015年のiPhone7の販売直前の買取価格は30,000円と予想します。
image