スポンサーリンク

スポンサーリンク

サムスン 2014年Q2のLTEスマホ売上げトップ

市場調査会社Strategy Analyticsによると、2014年Q2にサムスンがアップルを抜いてスマートフォンの世界売上高1位になったそうです。
サムスンは32.2%のシェアを確保し、Q2に2,860万台のLTEスマートフォンを販売しました。
一方のアップルは、Q2のシェアが31.9%とQ1より8.6%ダウンし2,830万台を販売しました。
LG電子は5.9%のシェアで520万台販売しました。

不調と言いつつサムスンは、アップルを売上高では追い抜いたようです。
ただし、中国企業からの追い上げも厳しくQ3にはアップルがiphone6を販売するので、シェアは直ぐに逆転するでしょう。

[ソース:koreaherald]