スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドコモ免許不要の周波数でLTE通信に成功

ドコモがHuaweiと共同実験で、免許不要な周波数帯(アンライセンス周波数帯)でのLTE通信(LAA)に成功したと発表しました。
今回実験を行った周波数は5GHzで、無線LANなどに使用されています。

LTE-Aで用いられるキュリアアグリゲーションと今回の技術を利用することで、より高速な通信が可能となります。
21_00-1

今回は、既存の無線LANとLAAの性能の比較を行うために実験しました。
LAAと無線LANの共用の既視局から5GHz周波数帯の20MHz帯域幅を利用してデータ通信を行いました。
実験の結果、IEEE802.11nと比較して1.6倍の通信容量の向上を達成したそうです。

ただしLAAの技術の標準化については、2014年中に開始される予定なので実際に使用するためにはまだ数年かかるでしょう。

21_00-2

[ソース:docomo]