スポンサーリンク

スポンサーリンク

Xiaomi 台湾公正取引委員会から20,000ドルの罰金

先日Xiaomiの飢餓キャンペーンに対して、台湾公正取引委員会が調査に入ったことを記事にしました。
調査の結果、実際の広告よりも少ない台数を販売することで飢餓感を煽っていたことが判明しました。
ただ約7%程度少ない台数だったので、思ったよりまともだったようです。

また優先購入コードとして、Fコードがあることも判明しました。

Xiaomi-TW-Sorry

[ソース:TNW]