スポンサーリンク

スポンサーリンク

サムスン 中国でシェア1位から陥落

2014年Q2の中国でのスマートフォン出荷台数で、サムスンが1位の座から陥落しました。
変わって1位になったのはXiaomiです。
Xiaomiは、サムスンとアップルからシェアを奪って1位になりました。
2014年Q1は10.7%でしたので、4%近い拡大となりました。

これはサムスンの端末が500ドル近くするのに対して、Xiaomiは100ドル程度で販売されるているからのようです。

 

image

[ソース:canalys]