LG G Watch問題に対応

以前記事にしたLG電子のG Watchの電極部分の問題ですが、ソフトウェアをアップデートすることで対応することにしたようです。
もともとこのGwatchには、常に時計底部の電極部分に電流が流れています。
そのため充電されていない場合でも電流が流れており、皮膚などに接触した場合に問題が起きていました。

今回は充電時以外に、電極部分に電流を流さないようにすることでこの問題に対応したようです。

そもそもなぜ充電時以外に電極部分に電流を流す仕様にしていたのでしょうか?
というか、電極をむき出しにするのは危険のような気がするのですが・・・。
まだまだ体に身につける機器を製造した経験が少ないことから起こった問題のように感じられます。

[ソース:androidpolice]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です