中国のメーカーのためサムスンとアップルシェア減少

調査会社のIDCがスマートフォンのシェアを発表しました。
サムスンの不調はすでに伝えられており、出荷台数が2013年を下回ってしまいました。
さらにシェアも2013年の32.3%から25.2%へと大幅にダウンしました。

一方好調と伝えられてたアップルも、同様にシェアを2013年よりも1.1%減少してしまいました。
ただし出荷台数は2013年の32.2から35.1と増加させています。

もっと出荷台数を増加させたのはHuwaeiで、前年比で95.1%という成長率となっています。
その他の下位のメーカーも全てサムスンとアップルの成長率を上回りました。
アップルについては、iPhone6の販売直前ということで買い控えもあるかもしれませんが、中国メーカーの成長にはかなわないようです。

idc-smartphone-shipments-worldwide-q2-2014

[ソース:9to5google]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です