iWatchの出荷台数大幅に下方修正

当初iWatchは2014年Q3に販売されると予想されましたが、どうやら本格的量産が遅れており2014年Q4になりそうです。
これはiWatchに使用される部品を製造しているTPKの決算発表から判明しました。

既にCLSAは当初予想の2,000万台の出荷台数から、600万台への大幅に下方修正しました。
またシティグループでは、300万台と予想しています。

果たしてそんなに売れるのかと思いつつ、実際に販売が開始されないとわからないので台数が削減されたのはいいことかもしれません。

[ソース:udn]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です