キャッシュバック条件のクレカお得度

ドコモの決算発表がありましたが、その中でインセンティブを削減しているという発言がありました。
最近ショップの案件もコンテンツなしが激減しています。

インセンティブが減る中で、キャッシュバックや一括0円を維持するにはコンテンツ数を増やすという方法が考えられます。
実際コンテンツ数は増加傾向にあるようです。

そしてもう1つ。
クレジットカードを作成することでキャッシュバックを増額するという手法を取ってくるショップが増えてきました。

 

クレジットカードを申し込むことで、カード会社からインセンティブが払われます。
それを原資にしてキャッシュバックを行っています。

が、クレジットカードを作ることで、キャッシュバックを得るのは本当にお得なのでしょうか?
早速検討してみました。
まず、クレジットカードを作るとカード会社はどの程度インセンティブを払っているのか?

これはA8のセルフパックから計算できます。
セルフパックとは、A8経由でクレジットカードを自分で申し込んだ場合キャッシュバックを受け取れるいうシステムです。

2014年7月29日現在、108件のクレジットカードの発行でキャッシュバックが受けられます。
平均すると、1枚につき約7,200円のキャッシュバックを受け取れます。
一番高額なものは50,000円、一番安いのは96円でした。

ちなみに50,000円のカードは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアム・カードです。
ただし年会費が35,000円かかりますが・・・。(; ̄Д ̄)

また分布で見ると、5,000円~6,000円に山があることがわかります。

image

結論としては、5,000円のCBがもらえるクレジットカードの場合は、自分でA8経由で申し込んだ方がお得です。
実際はショップでは、キャッシュバックの金額を考えるともう少し高額なインセンティブが付くカードを申し込ませているのではないでしょうか?

Pocket

One thought on “キャッシュバック条件のクレカお得度

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です