2014年Q2世界タブレットシェアランキング

先日アップルの決算発表でiPadの不調を記事にしました。
今回市場調査会社のIDCによると、2014年Q2のタブレット販売台数は前年同期比で11%増の4,930万台に達したようです。
ただし、2014年Q1と比較すると1.5%減少となりました。

シェア別でみると、相変わらずアップルが1位を獲得しましたが成長率でいえばマイナス成長に終わりました。
また前回まで4位であったLenovoがASUSを抜いて3位になりました。
タブレット市場は、8インチなどよりも少し大きい10インチクラスのほうが好調のようです。

またすでに成長が鈍化し始めたとのレポートもあります。
今後のタブレット市場は少し厳しいのかもしれません。

ところで、日本ではアップルとASUSが圧倒的に見えるのですが世界でみるとLenovoも強いようです。

idc-tablet-shipments-q2

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です