iPhone6は販売時期をずらす戦略か?

iPhone6は4.7インチと5.5インチ版の2種類が販売されることが、ほぼ確定とされています。
色々な噂で、5.5インチは歩留まり問題を抱えていので、販売時期が遅れると言われています。

今回、販売時期は異なるが歩留まり問題ではないという主張が掲載されました。
昨年のiPhone5sとiPhone5cのような問題を回避するために、わざと販売時期をずらす戦略をとるという主張です。

いずれにしても、量産時期のズレや各種リーク情報を見ていると、販売時期は1ヶ月程度はズレそうです。
時期をずらすのが本当にいい戦略なのかは、販売開始されてみないとわかりません。

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です