LG電子の2014年Q2は好調な結果

サムスンのスマートフォンは不調が伝えられていますが、LG電子は好調な結果となりました。
2014年Q2に1,450万台のスマートフォンを販売しました。
これは2014年Q1に対して17%増、昨年の同時期に対して20%増という結果になりました。

この結果は旗艦端末のLG G3の好調だけではなく、ミドルレンジクラスのLシリーズが好調だったことも理由です。
今後も続々と新型端末の販売が控えているので、この好調を維持できると予想されています。

[ソース:ZDNet Korea]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です