アップル iPadの売上失速を裏付け

2014年Q3のアップルの決算が発表されました。
決算発表は、その会社の現状の今後に向けた課題が明確になります。

今回アップルの決算発表では、iPhoneとiPadの販売台数は市場予想に届きませんでした。
iPhoneは市場予想の3,578万台に対して3,520万台。
iPadはもっとひどく、市場予想の1,443万台に対して1,328万台。

特にiPadは2013年Q3の1,460万台から10%減となっています。
もともと2014年Q2のiPadの不振の原因は、マイクロソフトのオフィスの販売開始が遅れたのが原因と述べていました。
今回はその要因がなくなったために、期待されていたのですがやっぱりダメでした。

iPhoneについてはiPhone5cが予想より売れなかったこと、iPadについてはiPad miniよりiPad Airが人気だったことが不振の原因だそうです。

また国別でみると、中国の影響が増大しているそうです。

image

なお、アップルは今回のiPhoneの不振の原因は、iPhone6の販売を見越した買い控えが原因とみています。
またiPadの不振は、在庫整理の問題が関係していると発表しています。

[ソース:techcrunch]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です