Tizenスマホがまた遅れる

サムスンが開発を進めているTizenスマートフォンですが、ロシアの開発者会議で発表されると予想されていましたが、キャンセルされてしまいました。
ドコモが直前で発表をキャンセルしたときが思い出されます。

サムスンは、Tizenの商用ベースの展開について特に期限を設けていないとコメントしました。
もっとユーザーに対してアプリケーションをたくさん提供できるようになったときに、販売を開始するそうです。
ちなみにロシアで開催されたイベントでは、ホールの半分程度しか席が埋まっていなかったそうです。

今までハードで稼いできたサムスンですが、ハードの失速に伴いソフトで稼ぐことを加速したいと思っているはずですが、余り参加者が少ないということでしょうか?
確かにAndroidに対する不満はありますが、iOSとAndroidに対抗していまから第3のOSを立ち上げるというのも難しいのかもしれません。
今後Tizenがどうなるのか、見守っていきたいと思います。

[ソース:wsj]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です