総務省 4G電波の割り当てルールを変更

以前総務省が電波の割り当て方法の見直しをしているということを紹介しました。(その1,その2
今回総務省は4Gの電波割り当てで、経営関係の深い事業者は同一グループとみなし、複数社による周波数の取得を認めないことを決定したそうです。
これにより、電波の割り当てはドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に割り当てられることになりました。
ソフトバンクが求めいてたワイモバイルはソフトバンクグループとみなされたことになります。

[ソース:SankeiBiz]

Pocket

2 thoughts on “総務省 4G電波の割り当てルールを変更

  1. SBのやり口が嫌いだから個人的に嬉しいというのもあるんですが
    これはどう考えても妥当というか当然の結果ですね

    • 結局、ウィルコムやイーモバイルを子会社した意味がよくわからない状態になってしまいました。(; ̄Д ̄)
      グループ化してもよりよいサービスを提供して貰えれば嬉しいのですが、現状放置状態にみえます。
      結局電波狙いで子会社にしたと思われてもしかないですね・・・。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です