総務省 NTT光サービス卸のヒアリング その1

以前NTTが光サービス卸を実施することを記事にしました。
これが実現すると、ドコモとフレッツのセット販売などが可能になる可能性があるので、au+KDDIのスマートバリューのような割引が実現するかもしれません。
当然既存のISPとの問題や携帯キャリアとの問題が発生する可能性があるので、現在総務省でヒアリングが行われています。

今回はこのヒアリング内容を紹介したいと思います。
まずは一般のプロバイダの意見です。

そもそもNTTが光サービス卸に参入するのと何がうれしいのか?
ISP側からの一括請求が可能となり、さらにISP側で様々な料金設定やサービスの追加が可能となるようです。
つまりISPが光回線を持っていいなくても、NTTから光回線を借りることであたかも自社で光回線を持っているように提供できるようになります。
だからNTTからドコモが光回線を借りることで、固定と携帯のセット販売が可能になります。
当然そのときにセット割りなど提供することが可能になります。
image

一番の注目のドコモとNTTのセット割りは実現するのか?といえば、既存ISPは条件付きで賛成との立場のようです。
携帯とドコモのISPのみセット割りを適用するのは反対で、既存のISPと携帯のセット割りも認めるべきという立場です。
image
もっと簡単にいうと、既存のISPとのセット割りを考えてはどうかという提案です。
ドコモISPのみセット割りを認めると、ドコモとNTTのシェアが増大する可能性が高いと考えてるからのようです。

image

ということで、既存ISPの立場としては、自分たちが不利にならなければドコモのセット割りを認めますという立場を取っています。
もしmopera Uのみセット割りが適用される場合は反対する立場を取っています。
これを認めるかどうかは、NTTとして難しい判断になります。
KDDI+auのような場合は、グループ内でお金の流れが閉じますが、他社のISPに対してもセット割りを認めるとお金がNTTグループの外にでることになります。
それでも光回線の積極的な活用を目論むならば認めるかもしれませんが・・・。

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です