JAL 国内線でWiFiサービス開始

以前JALが7月から国内線でWiFiサービスを提供するということを紹介しました。
本日正式に国内線のWiFiサービスについて発表しました。
サービス開始は、7月23日から3路線で開始されます。
対象路線は、羽田=伊丹、羽田=福岡、羽田=函館です。
ただし全ての便が対象ではなく、一部の便にとどまるようです。

なお8月から羽田=新千歳の一部でも導入するそうです。

対象便については、JALホームページの予約・空席紹介の画面から確認できます。
またとりあえずは、同時接続できる端末数を制限するそうです。

空でもネットが使用できるのは嬉しいですが、ちょっと悲しいという気持ちもあります。

[ソース:JAL]

Pocket

2 thoughts on “JAL 国内線でWiFiサービス開始

  1. せめて飛行機の中くらいは連絡から解放されたいという思いはありますね。

    今回のシステムはgogoだそうですが,国際線のパナのシステムでは(少なくとも昨年5月の時点では)Gmailは金を払わなくても使えた。多分,設計ミスだと思う。昨年5月で既にサービス開始から1年くらい経っていたはずなので,ミスに気付かないままだったのは驚きだ。

    • こんにちは。saさん。
      セキュリティの面では大丈夫なのか?と思います。
      国内でも長距離だけ導入すれば十分ではないでしょうか?
      羽田-伊丹って短すぎると思うのですが・・・。(; ̄Д ̄)
      国際線のgogoは使用したことがないのですが、確かに飛行機の中位はのんびりしたいですね。

      恐らくなのですが、この辺りの設定に詳しい整備士がいないのではないでしょうか?

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です