スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone6の2種類のモデルの違い

アップルのiPhone6が2種類のモデルが存在していることはよく知られています。
大きさも違うので機能も違うと推定されていますが、カメラの機能に違いがあるようです。

iPhone6の5.5インチ版では、光学式手ぶれ補正(OIS)を使用したVCMでカメラを制御するようです。
一方4.7インチ版では、OISが搭載されないようでiPhone5sのアップグレード版が使用されるようです。

OIS版では3~3.5ドル程度価格が高くなる半面、優れた画質で撮影することが可能です。
この差を付けることで、5.5インチ版をハイエンドモデルとして販売することを目論んでいるようです。

ただし4.7インチ版もiPhone5sのアップグレード版を使用するため、iPhone5sよりは優れたスペックになるようです。

[ソース:appleinsider]